2012年10月14日日曜日

磯場屋学校に入学!

土日もかまわず、連日大忙しの研修生・宮浦宜子さん。
村下くんと一緒に、今日は午後から磯場屋学校に入学しました。

協議会代表の小山と一緒に、私も少し様子を見に出かけてみましたが、この学校、
主催者のみなさんが本当に素晴らしかった!
写真をすこしだけだけ…というつもりで出かけたのでしたが、あまりに楽しい磯場屋学校でしたので、ついつい最後まで見せていただいて来ました。次回はぜひ、参加したいと思いました。


さあ!先ずは、サメガレイの皮むきに挑戦する宮浦さんです。初めてのサメガレイですが、なかなかいい感じで進んでいますね~。魚の生臭さも、サメガレイのゴジラのような肌?もなんのその。意欲的にトライしていましたよ。

おぉっ!サメガレイの皮が、こんなにきれいにむけて、本人もびっくり?見事なものです!次には5枚おろしに挑戦していましたが、こちらは参加者のみなさん同様に、ちょっと苦戦したかな?

 
いえいえ。とは言えこちらも何とかクリアーしたようで、ごらんの笑顔です。
そして、まだまだ続きがありますが、はい。
次は“いくら”作りでしたね。宜子さーん、楽しんでいますか~

おっと、この満面の笑顔を見ると、
どうやら宜子ブランドのいくらの醤油漬けも無事に完成したようです。


最後に磯場屋学校の校長先生ご夫妻(浦河の池田鮮魚店さんです!)と記念撮影


楽しくておいしくて勉強になってと、3拍子そろった磯場屋学校への参加、良かったですね。ここでもしっかりと、参加者のみなさまに 『うらかわ「食」で地域をつなぐ協会」のPRは忘れてはいません。浦河に来てまだ2週間もたっていないというのに、ナイスな仕事ぶりです。村下くんと一緒に、これからがますます楽しみな宮浦さんです。
(小山祥子)

0 件のコメント:

コメントを投稿