2013年1月24日木曜日

「食で地域をつなぐ講演会」を開催しました!

1月21日、”うらかわ食で地域をつなぐ協議会”で主催する初の大きなイベント、
「食で地域をつなぐ講演会」を開催しました。

講師は東京在住のフードデザイナーの中山晴奈さん。
研修生の宮浦さんのネットワーク、そして彼女が発信し続けた浦河の(美味しそうな)魅力によって、お呼びすることができました!
多種多様な方たちにご参加いただきました。町外からご参加の方も!

テーマは「食を通じたコミュニティづくり」
「フードデザイナー」というお仕事の持つ意味や役割を中心に
「食」が地域で果たすことの出来ることについてお話していただきました。


講師の中山晴奈さん。浦河の人達はキャラが濃い!
とのコメントには会場から笑いが

中山さんが全国で得た経験をもとに、
食によって人がつながり、地域を盛り上げるこ
とができる!という話に参加された皆さんは食い入るように聞いていました。



ワークショップでは和気藹々と色々な話が飛び交いました

「人生の中で一番思い出に残っている食の風景」について考えるプチワークショップも。
食べたものだけではなく、”どんな時に”
、”どこで”、”誰と”、そして”何故記憶に残ってるのか”

そんな切り口で記憶を探る中で、
”美味しさ”だけではない食の意味を考えることができました。





お腹を満たしたり、味わうだけではなく、「食は人と人の接着剤になることができる」という中山さんの言葉に深く頷いてくださった参加者の皆様と一緒に、これから浦河の「食」で地域を一緒についないでいけたらなと思います。

(事務局:村下)

0 件のコメント:

コメントを投稿